JunkBox

模型作業記録

2006-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディの作り方 その3



ハッチを切り抜くので下書きをする


bounty_42.jpg

ナイフで丁寧に切り抜く


bounty_43.jpg

切り取っただけでは厚みがなく、裏面もカクカクしているので
0.5mmプラ板をアルテコSSP-HGで接着して、その後硬化したら整形する


bounty_44.jpg

段差のモールドがあるので、更に0.5mmプラ板を貼る


bounty_45.jpg

リングの内側をくりぬく


bounty_46.jpg

ボディの分割
分割部分はあらかじめ接着剤が付かないようにしていたので
力を入れると簡単に割ることが出来る
スポンサーサイト

ボディの作り方 その2

bounty_29.jpg

ウエスト部分、同じパーツを4枚切り出す


bounty_30.jpg

内側の板は床板に上から貼るので、緑の部分で1mmカット
外側の板は横から張り付けるが、センターよりも短くなっているので赤い部分でカットしている


bounty_31.jpg

現物合わせでプラ板を組み合わせて接着するとこんな感じ
最初に中央の2枚の板を立て、背中の板で開き具合を決定
側面の板を張り付け、中央の板との間に5mm角棒を入れて同じ角度になるようにしている
あとはテキトウにプラ板を切り出してペタペタと貼り付けていく


bounty_32.jpg

青線で示したような感じになるように胸部下側を削り込む


bounty_33.jpg

削った部分はおおまかに青で囲った部分
下の方が先に塗った赤マジックが見えるか見えないかの所まで削る


bounty_34.jpg

腹部のパーツの切り出し、接合面がぴったり合う様に調整する


bounty_35.jpg

胸部と同様にプラ板をスダレ状にして組み立てていく


bounty_36.jpg

接着した


bounty_37.jpg

頭部を接続するリングを作る、頭部は既存の物を使用するので
それに合わせた径でリング状にプラ板を切り出す、小さいリングは頭部はめ込み用


bounty_38.jpg

リングを胸部に接着、肩近くの部分で1mmのスペーサーを入れる
前と後ろにはテキトウに切り出したプラ板を隙間に接着する
リングが曲がらないように注意


bounty_39.jpg

ピンぼけだが、リングと胸部の隙間にポリパテを詰め込んで整形する


bounty_40.jpg

とりあえず大まかに形状が出来た、フォックスベースとの比較
腹部が大きくなっているのが分かるが、さて

ボディの作り方



まず図面を書く、今回はボディのみ
まず側面図を書き、それを元に正面図で各部の幅を決定していく
腹部のでっぷり感を強調したいので、フォックスよりもボンネットの傾斜を緩やかにし
胸前部の角度を立ててウエスト部分をかさ上げしている


bounty_03.jpg

図面をトレシングペーパーに転写


bounty_04.jpg

さらにグラファイトペーパーでプラ板に転写する


bounty_05.jpg

このままでは触ると線が消えてしまうのと、転写がテキトウで線がぐねぐねなので
サインペンでなぞる


bounty_06.jpg

定規をあてて大まかにプラ板をカット


bounty_07.jpg

タミヤ薄刃ニッパーや棒ヤスリでアウトラインを整える


bounty_08.jpg

肩の軸受け部分をコンパスカッターで穴を開ける、径は約11mm


bounty_09.jpg

切り抜いたパーツを基準にしサインペンで周囲をなぞるように線を書く


bounty_10.jpg

基準のパーツに1枚ずつ瞬着で仮止めしニッパーやヤスリで同じ形に成形していくx4枚


bounty_11.jpg

4枚もあると基準のパーツとどうしてもズレが生じてくるので
WAVEやすりほう台2を使い、なるべく直角になるようにアウトラインを整える


bounty_12.jpg

整形後、隙間にナイフを差し込む等してバラバラにする
同じパーツが4枚できた


bounty_13.jpg

ボディは前に向かってテーパーを付けるのだが、途中で角度を変えるので
折り曲げるために切り込みを入れる


bounty_14.jpg

床板と背面になる板を切り出す、床板は前に向けて左右1mmづつテーパーを付けている


bounty_15.jpg

切り出したプラ板を接着する床と側面は直角になるようにする
内部を作らない場合は接着部を5mmプラ棒等で補強すると良い
床板とその後ろの板の間は後に分割するので接着していない
側面下側は後で削り込むので、削りすぎないように赤のマジックで塗っている


bounty_16.jpg

ボディ上面のフタを切り出す、長さは実際に定規をあてて測っている
角度が変わっている場所も定規をあてて測る、各部の幅は図面から


bounty_17.jpg

カーブに沿わせる為にスダレ状に切り込みを入れる


bounty_18.jpg

切り込みを入れた後で側面の余計な部分を切除する


bounty_19.jpg

ラジオペンチなどで切り込みにそって曲げていく


bounty_20.jpg

カーブを合わせながらフタを接着
曲げるために入れた切り込みには流し込みタイプの接着剤を塗りたっくっている


bounty_21.jpg

前部は現物合わせでプラ板を切り出して接着した
側面の2枚目を接着、肩の垂直の切り込みには接着剤が付かないようにする(分割の為)
位置合わせでプラパイプを差し込んでみたり


bounty_22.jpg

背面は台形状になっているので、中央の部分にプラ板を2枚貼り付ける
背面フックの取り付け部と腰の四角いパーツの部分を切り欠いている


bounty_23.jpg

貼ってみた


bounty_24.jpg

上部の曲面はカクカクしているの棒ヤスリでなだらかにしてやる


bounty_25.jpg

プラパテをすり込む


bounty_26.jpg

紙ヤスリで表面を整える
側面は下の方を削り込む為に目安として黒マジックで塗ってみた
あくまで目安


bounty_27.jpg

背面の斜めの部分はポリパテでラインを繋ぐ
凸部のすきまにポリパテを盛り、平らな板に押しつけている


bounty_28.jpg

はみ出た部分を取り除いてキレイに整形してやる

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

sike

sike

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。